BLOG

2010/10/26 火曜日

宮島達男スライドトーク


宮島さんのスライドトークには、宮島さんの生の声をぜひ聞きたい!という
たくさんの方が集まりました。
スライドの映像を見ながら、作品の説明、プロジェクトにいての思いを聞かせていただきました。
大学の講義を聞いているかのようです。

お客様からの宮島さんへの最後の質問が心に響きました。
「自分のスタイルがぶれないようにするためには、どうすれば良いでしょうか?」という質問に
宮島さん「いつもぶれそうになるんだけど・・・・・ぼくはそれを言葉におきかえていますね。
3つのコンセプト作ったのは自分がぶれないようにするため。
人間は弱いので、こんな感じ、あんな感じといくらでもあっちにむくれたり、こっちに
むくれたりする。でも言葉はとても抽象的で限定的なので、なんとなく「ばしっ」とこられると、
これはそうかな?いやいや違うな。とか軌道修正できる。
だからぼくは自分が「3つのコンセプト」を立てた時、とても嬉しかった。これで迷わないと思った。
ぶれないと思った。3つのコンセプトがあって、とにかくこういうものを作りたいんだ!だったら、
じゃぁこれも、あれも・・・いろんな可能性があるんだけど、
これはどうなの?これは大丈夫、あれはどうなの?これは全然ダメ!
など ある基準線を言葉で聞く!自分をジャッジしていく!
僕自身すごく弱い人間なので、そのように作品を作ってきました。
だから作品作っているときも これはいいのか悪いのか、はかりにかけていくんです。」

なるほど・・・私もぶれずに生きていけるように
3つのコンセプト考えてみよう・・・・と宮島さんのお話を聞きながら考えておりました。

Filed under: Exhibition — admin @ 16:38:56