BLOG

2011/6/9 木曜日

kokeshi book


kokesi book を手に入れました。
最初にめくったページに
「こけし」という言葉から何を想像しますか?
こけし、、、「怖い」、、、「暗い」、、、「ダサイ」、、、
あれれ?もしかしてコケシ本来の魅力をご存知ないのでは?
もしあなたがこけしにそのようなイメージをお持ちなら
いかにコケシが色鮮やかでポップ、
それでいてカワイイかをみていただきたいです。
『kokesi book』より

ぱらぱらとめくると、そこには私の知らない世界がありました。
かのチャ—ルズ・イームズもディック・ブルーナーも自宅に伝統こけしを
飾っていたという。


こけしのデザインは、ひとつひとつが魅力的。
デザインの解説も有り、
こけしの構造、形、鼻の名前、眼の名前、頭部の描彩、
胴体の描彩、、頭頂部のデザインなど
凄い、面白い。東北に生まれたこけしの産地を見てびっくり
こんなに種類があるなんて、いろんなこけしがあってびっくりです。

帯に
日本人の忘れ物「こけし」のポップで素朴なデザイン!
と書いてありました。
ふ〜む。はまってしまった。

先日開催された西萩こけし祭りの画像が
コチャエの武田サンから届きました。
うわぁ〜盛上がっていますね〜。


Filed under: Kokeshien — admin @ 18:27:38