BLOG

2011/11/16 水曜日

震災復興へ希望込め壁画


本日の北海道新聞 夕刊に
“震災復興へ希望込め壁画”という見出しで
紹介いただきました。
欧州を中心に活動するフランス人画家ギヨム・ボタジさん(40)が
札幌宮の森美術館で公開制作する壁画
「HOPE2011」の大部分が完成した。
東日本大震災の被災地復興に向けた希望を込め
「アートで貢献する力になりうることが示せればうれしい」と語る。
27日(日)まで個展を開催中の同館とのプロジェクトとして来日し、
9月中旬から制作していた。白い外壁に生える暖色で構成された抽象作品だ。
建物の角を中心に、ほぼ独力でブラシや筆を手に描いた。
「周囲の景観を考えつつ(ここの形象が分裂されず)連続する様に配慮した」と話す。
活動は故国フランスはじめ海外でも報道されており、「通行人やワークショツプなどで
知り合った子どもから激励された」と振り返る。
(北海道新聞 記事より抜粋)

Filed under: Bottazzi,Exhibition — admin @ 18:41:10