BLOG

2013/4/4 木曜日

好評につき連続開催! 蜷川実花「月刊MEN」展 4月6日よりスタート

吐ì“WŠOŠÅ”Âa
3月16日より17日間に渡り札幌パルコにて開催された話題の蜷川実花「月刊MEN」展が(好評につき)
札幌宮の森美術館にて連続開催が決定。前回見逃した方はぜひこのチャンスに。一度ご覧になった方は
もう一度じっくりと、その感動と興奮をお楽しみください。
雪解けも進み、暖かくなってきましたので、宮の森迄の散策はいかがですか。

【企画展 開催概要】
蜷川実花「月刊MEN」展
会期:2013年4月6日(土)~6月30日(日)
時間:10:30~19:30(入館は18:30分まで)
入館料(企画展+コレクション展):一般800円 シニア(60歳以上)700円 高大生600円 
中学生以下無料
<PARCOカード>ご提示で200円割引
<PARCOカード・クラスS>ご提示で300円割引

会場:札幌宮の森美術館
   札幌市中央区宮の森2条11丁目2ー1MMG  電話011-612–3562
主催:札幌宮の森美術館/札幌パルコ
企画:NPO法人CAPSS(芸術文化事業支援機構)
協 力:NEO株式会社/有限会社 ラッキースター/ホリエージェンシー/   
エイベックス・エンタテインメント/モノボライズ/アトランティス 
ホリプロ/イトーカンパニー/トライストーン・エンタテイメント/
バーニングプロダクション/研音/写真弘社

【展示内容】
旬な男の今を“アート&セクシー”をコンセプトに強烈なビジュアルイメージを創造する
新しい写真集「月刊MEN」シリーズ。
写真家、蜷川実花が旬な男たちのセクシーな魅力を引き出しつつ、アートな写真表現で
新しい領域を切り開く写真展。
被写体となったタレントは、向井理、真司郎、窪塚洋介、大東駿介、武田真治、綾野剛、
金子ノブアキ、三浦翔平、松田翔太。
展示作品数は、各タレント20点ずつの合計180点で構成。
「いま、男はエロティック!」を合言葉に、強烈なビジュアルイメージを創造します。


Filed under: Exhibition,円山・宮の森散策,蜷川実花 — admin @ 16:20:00

2012/12/2 日曜日

アート&グルメ

札幌宮の森美術館は、施設の敷地内に
レストラン コント・ドゥ・フェがございます。
ミュージアムガーデン4階のコント・ドゥ・フェからの眺めは
絵に描いたような北海道の風景。
スキーのジャンプ台、札幌五輪の舞台にもなった、大倉山競技場も見え
これからの季節は、冬景色がとても美しい。
美術館の鑑賞後にゆっくりくつろぐレストランでのお食事はいかがでしょうか。
田口智也シェフが経験で培われた独自の感覚で選び抜いた素材と
フレンチの分野にとらわれない新しい発想を取り入れた料理は美味かつ優美でデリケート。
アートとグルメでお腹をいっぱいにしてください。

<アート&グルメ>※前日迄の予約制
レストラン コント・ドゥ・フェのランチと札幌宮の森美術館入館料が、
2,000円(税・サービス料込)のセットになったお得なプランです。
Phone:011-633-3888
★ ランチ&宮の森美術館入館料 2,000円(税・サービス料込)
平日限定完全ご予約制(前日迄)
<ランチコース メニュー例>
前菜/季節のスープ/メイン/デザート/パン/コーヒーまたは紅茶
(季節や食材入荷状況によりメニューは変更になります。)
レストラン コント・ドゥ・フェ TEL 011-621-2100
定休日 火曜日 完全ご予約制(前日迄)

コース、ディナーのご予約も承っております。
<3,000円コース>
アミューズ/前菜/スープ/メイン料理(肉・魚が日によって変わります)/デザート
<5,000円コース>
アミューズ/冷たい前菜/温かい前菜/スープ/お魚料理/お肉料理/デザート

Filed under: Exhibition,Gourmet,円山・宮の森散策 — admin @ 18:48:20

2012/6/2 土曜日

円山・宮の森散策マップ


「円山・宮の森は、札幌中央区の西部に位置し、都心からの
アクセスも便利な地区。円山、大倉山など日々に囲まれ、
円山、大倉山などの山々に囲まれ、円山公園が広がる緑豊かな
場所です。美術館やギャラリーが点在しているので、都会の 騒を離れ、
静かにアートを楽しむお散歩がおすすめ。
歩き疲れたら、雰囲気のよいカフェでお休みするのも素敵です。
お天気のよい日には、このマップを手にぜひおでかけを!」

昨年から取りかかっていました、円山・宮の森散策マップ、ついに完成いたしました〜。
美術館にいらしたお客様に、
「この後時間があるのですが、オススメの場所は?
美味しいコ-ヒーのお店はどこでしょうか?…..」
と訪ねられることが多かったのですが、いつもオススメを伝えきれずに、
こんなマップがあったら….と思い浮かべておりました。
内容は、編集部の勝手にオススメマップになっています。
私たちも1件づつ回りながら、宮の森、円山地区のすてきな場所を再確認したり、
新しく発見したり〜楽しかったです。
少しゆっくりと時間を組んで、宮の森、円山地区の散策を楽しみませんか。

市内美術館、ギャラリー、カフェ、他設置させていただきます。
折りたたむと手帳に入る大きさなので、自分でどんどん書き込んでMyマップを
制作していただけると嬉しいです。

ちなみに札幌宮の森美術館は少し先になりますが、
6月中旬にプレオープンの予定です。
マップを片手に、ご来館お待ちしております。
FaceBookも作りました。マップでは伝えきれない、それぞれの展覧会情報など
ぼちぼち更新していきます。
散策の参考にしていただければ幸いです。


Filed under: Exhibition,円山・宮の森散策 — admin @ 11:23:19