BLOG

2011/11/17 木曜日

ついに雪が降ってしまった…..


今朝、目が覚めて外を見ると雪が4〜5cm積もっておりました。
気温も現在3℃。一瞬にして白銀の世界になりました。
空気が締まっています。いつもならこの白い世界が少し嬉しいのですが、
今年はギヨム・ボタジの壁画制作に携わっているので、
「ついに降ってしまった…..」という複雑な心境。


ギヨム・ボタジの壁画は一部まだ完成していないので、
本日も雪の中制作中。
朝、足場の上に登ると、雪が積もっておりました。


壁の面が冷えていると絵の具が乾かないので、
ジェットヒーターで暖めながらの厳しい作業です。

ギヨムが壁の温度を測っていました。壁の温度が3.2℃。
アクリル絵の具が乾く為には、6℃以上でなければならないようです。
冬がやってきた札幌。
厳しい条件での作業になっています…..

Filed under: Bottazzi,Exhibition — admin @ 11:27:03

2011/11/16 水曜日

震災復興へ希望込め壁画


本日の北海道新聞 夕刊に
“震災復興へ希望込め壁画”という見出しで
紹介いただきました。
欧州を中心に活動するフランス人画家ギヨム・ボタジさん(40)が
札幌宮の森美術館で公開制作する壁画
「HOPE2011」の大部分が完成した。
東日本大震災の被災地復興に向けた希望を込め
「アートで貢献する力になりうることが示せればうれしい」と語る。
27日(日)まで個展を開催中の同館とのプロジェクトとして来日し、
9月中旬から制作していた。白い外壁に生える暖色で構成された抽象作品だ。
建物の角を中心に、ほぼ独力でブラシや筆を手に描いた。
「周囲の景観を考えつつ(ここの形象が分裂されず)連続する様に配慮した」と話す。
活動は故国フランスはじめ海外でも報道されており、「通行人やワークショツプなどで
知り合った子どもから激励された」と振り返る。
(北海道新聞 記事より抜粋)

Filed under: Bottazzi,Exhibition — admin @ 18:41:10

2011/11/14 月曜日

壁画完成記念イベント終了


札幌宮の森美術館特設会場にて、壁画完成記念イベントが開催されました。
この展覧会に興味を持って下さった方、ギヨム・ボタジのファンの方、
スクールプログラムでお世話になった先生、作家の方々など、
たくさんの方がイベントに駆けつけてくれました。
イベント当日、北1条のシートで覆われた部分のシートと足場がはずされました。
当初、二日かかかるという足場解体作業も、現場のご協力により1日で撤去。
残念ながら、川に面した壁面の上部が制作中で、全ての壁面の完成にはなりませんでした。
会期を27日まで延長して、完成する予定です。


完成イベントでは、9月16日からスタートした壁画制作のドキュメン映像を
上映しました。



フランス大使館から文化担当のエレーヌ・ケルマシュターさんからのメッセージ


イベント当日は、壁画がライトアップされ、とても美しかったです。

今週から雪の予報が出ている札幌。
作業はなお一層厳しい状況になることでしょう。
気を抜かずに、作業の状況を見守っていきたいと思います。
今回の壁画制作のドキュメント映像は、美術館DVDルームににて上映することに
なりました(30分)。展覧会壁画制作は27日まで会期を延長していますので
ぜひ貴重な映像をみにきてください。皆様のご来館をおまちしております。


Filed under: Bottazzi,Exhibition — admin @ 18:53:05