BLOG

2011/10/31 月曜日

ギャラリーツアー2、そして「Congratulations!」

昨日美術館で行われた、ギヨム・ボタジとギャラリーツアー2回目。
今回もたくさんの方がご参加くださいました。
レクチヤー他何度も参加なさっている方、展覧会をごらんになって
実際に作家のお話を聞いてみたいと参加して下さった方など、
皆さんとても熱心です。

毎回お客さまから、いろんな質問がありますが
日本を知ってから、私の作品は大きく変わったというギヨム・ボタジ。
「日本とフランスでの見る方の反応はどのように違いますか?」という問いに
「例えば、壁画をフランスで書いている場合は、大きな声で、ほめていただくこと、
 声援を受けること、時にはひどい言葉をあびることもある。何らかのリアクションがある」
「日本の場合は、下からの視線感じて振り向いてみると下を向いてしまったり、とてもシャイ。
 でも、こども達の声援やプレゼントを届けてくれる人がいたり、日本人はとてもやさしい。
 この前,こども達がてるてる坊主を届けてくれて、とても嬉しかった…..」
 とギヨム。
「日本のアーティストで影響を受けた方はいますか?」との問いに
「私は日本に来て日本画家の若沖を知った」とギヨムは語っています。
「う〜ん、なるほど〜若沖」とうなずくお客様。

イベントが終わった後、
前日に宮の森ミュージアムガーデンにて結婚式を挙げられたお二人が
ギヨム・ボタジ氏と記念撮影をご希望とのことで
お二人のお好きな作品の前での撮影になりました。

この施設ならでは幸せいっぱいの3ショットです。
「Congratulations!」お幸せに….

Filed under: Bottazzi,Exhibition — admin @ 11:43:43

2011/10/30 日曜日

道行く人にも


北1条面の足場が外れて、道行く人も作品を眺める姿が多くなりました。
美術館に来なくても、アート作品を感じてもらいたい。
興味を持つきっかけにしてほしいと言うギヨム・ボタジ。
「あら〜、きれいね〜」と年配の方がご夫婦でお散歩しながら
語る姿を見かけます。ギヨムボタジは北1条の次の白い面の制作に入りました。

足場が外れますと、作品が綺麗に見えますが、この足場の撤去作業も
見学すると、職人さん達の息のあった絶妙なタイミングがあり、
本当に美しい光景でした。





Filed under: Bottazzi,Exhibition — admin @ 11:15:44

2011/10/28 金曜日

北1条側の壁画完成




本日朝8:00から、北1条側の壁画のシートと足場を外す作業がスタートしました。
仕上げた作品が、汚れたり、雨で流れないように保護するため、
シートがかかっておりました。
昨日仕上げ材を塗り北1条面の壁画が一部完成いたしましたので、
本日足場の解体作業となりました。

天候との戦いでしたので、大きな面が一部完成してギヨム・ボタジ
スタッフ一同ほっと一息つきました。

解体作業の現場のスタッフ他、プロジェクトを成功させるために
協力いただいているかた、みなさんに感謝です。
現在一部完成している壁画作品は、北1条側になります。
仕上がりを確認したギヨムは次の壁面に移動し、制作を続けております。
展覧会と合わせてぜひ、ご観覧ください。

Filed under: Bottazzi,Exhibition — admin @ 11:50:42