BLOG

2011/10/23 日曜日

昼食は「賄い料理」


ギヨムの昼食はレストランの「賄い料理」です。
壁画制作の作業は朝早くから日が暮れる迄と、かなりハードな作業が続くので、
“お昼にバランスよく栄養を〜”とレストランスタッフが毎日協力してくれています。
少し大盛りにしてもらっています。ほんとうにありがたいです。

「ギヨムのごはんお願いします〜」
「はい、どうぞ〜」


「アリガトウゴザイマス」

Filed under: Bottazzi,Exhibition,Other — admin @ 17:07:40

2011/9/7 水曜日

宮の森地区散策

昨日は休館日。
台風の影響で雨が降ったり止んだり、落ち着かない天気。
以前から、彫美の樋泉さんと「宮の森を散策してみよう!」と約束していたので
台風にも負けず、散策してみました。
お散歩しながら、楽しんでみようと思いましたが、雨でしたので
あきらめて、車で回ってみました。

まずは”フーズバラエティ すぎはら”
ここは神宮の近くにある小さなスーパーマーケット。
厳選された珍しい食材があるんです。
「ん?これはなんだろう、ふむふむ」説明文を読む。
「へ〜ぇ、美味しそう。」ワクワクしますね。
気になるものをお買い物。
おむかえの“Wake cafe”に寄りました。

昔の喫茶店を思い出す、最近では珍しいカフェ。
落ち着きます〜
今日はドライカレー、ハヤシライスを注文、これも懐かしいお味で、
ファンが多いのも納得。

少し車を走らせ、久しぶりに“レトロスペース坂”へ
森山大道さんの撮影後、久しぶりに伺いましたが、
ディスプレーが変化していました。さすがです。スタッフの方としばしおしゃべり。
森山大道氏が撮影したこともあって、森山ファンには外せないスポットに
なっております。写真集で見たことのあるマネキンやお人形などなど。
その中に、こけしを発見!以前は興味がなかったので
目に入りませんでしたが、お〜っ!これは木地山系のこけしではありませんか!
いい顔している子がいました。マイこけしを持つと、こけしの見方が変わるものです。
 
展示スペースの中に、森山さんを発見!↓
レトロスペース坂の館長の撮影した写真のようです。
それにしても凄いところに、いらっしゃいました。

お約束の坂ビスケットを購入。スタッフのお土産にしようっと!
他にも何件か回りましたが、火曜日お休みのところが何件かありました。残念。

宮の森の山手通の“sato coffee”へ
珈琲も器もレアーチーズケーキも、雰囲気もしっくりと落ち着いて
いい感じです。道路に面しているので、空がよく見えます。
夕焼けきれい…..この時間オススメです。明日から晴れるといいな〜


宮の森から円山方面へ移動
締めはカフェエスキス。展覧会を見て、マスターとお話していると
昆虫や動物の切り絵をベースとした立体作品を制作している
佐藤隆之さんがおみえになり、
お話しながら、はさみで軽やかに紙を切りながら
「チョキチョキチョキ」あっという間にこの作品が出来上がりました。
まさに巧みの技です。「お〜〜〜凄い〜。感動〜。」

本日の宮の森近辺の散策は終了〜。
美術館の近くには、さまざまなオススメのスポットがあります。
美術館にいらした際にはお訪ねくださいね。

次回は歩いて散策してみよう。








Filed under: Other — admin @ 2:27:31

2011/5/19 木曜日

ヤノべケンジ ツイッター


ヤノべケンジさんが ツイッターを始めた。
私が気がついたときはフォローが300名ぐらいでしたが、
今、見てみるとで1000名をあっという間に超していました。
ヤノべさん、すごい人気者です。
美術館でも、すかさずフォロいたしました。
気がつけば、紫色の卵から、いつの間にか小さな小さな太陽を持つトらやんの
アイコンに変わっていました。
みなさん、ヤノべケンジさんが何を発信してくださるのか
楽しみにしているのですね。
私もその中の一人です。


(c)MIYANOMORI ART MUSEUM

美術館の施設のある宮の森ミュージアムガーデンのインフォには、
トラやんが受付のお姉さんの横で皆さんをお出迎えしています。
初めて見る人にも、インパクトがあるので、
この子は誰?と訪ねられることも多いようです。
宮の森でも人気者の
「トらやん とは?」
3歳児用放射能防護服、黄色のミニ・アトムスーツを身にまとった「トらやん」は、
もともとヤノベケンジの父まさのぶ氏が、定年退職後に始めた腹話術の人形
「ケンちゃん」でした。バーコード頭にチョビヒゲという子供おやじメイクを施され、
ダミ声で話し歌うケンちゃんは、ヤノベケンジの創り出すフィクションの世界と
リアルな現実とを媒介する新たなキャラクター、
なにわの「トらやん」となったのです。
愛らしい表情でポーランド民謡「森へ行きましょう」を歌う「トらやん」、
ミニチュアサイズでさりげなくポーズをとる無数に増殖した「ミニ・トらやん」、
子供の命令で火を噴く超巨大ロボット「ジャイアント・トらやん」
大人と子どもが融合したかのような不思議な魅力と毒気を放ち続ける
なにわの「トらやん」・・・

奥のスペースには、トらやんとトらやんの大冒険の絵本の展示もしています。
トラやんに会いに、いらしてください。



Filed under: Other — admin @ 17:05:07