(C)MIMAS

石川直樹展『New Map for North』

会期:2017年8月6日(日)―2017年10月1日(日)
会場:札幌宮の森美術館本館 札幌市中央区宮の森2条11丁目2-1
開館時間:10:30−19:00(入場は閉館の30分前まで)
休館日:火曜日
観覧料:一般800円 シニア(60歳以上)高大生600円 中学生以下無料
SIAFパスポートチケット提示により300円でご覧いただけます。
主催:札幌国際芸術祭実行委員会、札幌市
企画協力:アヨロラボラトリー
協力:札幌宮の森美術館
駐車場:無し
お問い合わせ:011-612-3562

ABOUT THE EXHIBITION

本展は、カメラを携えて世界を縦横に歩き続けてきた写真家、石川直樹による個展となります。北極やヒマラヤなどの極地から都市の路上に至るまで、世界各地を旅しながらその土地における出会いや驚きを写真によって記録し、行動し続けてきたアーティスト、石川直樹の魅力に迫ります。

石川直樹は2001年から15年以上にわたり北海道を旅してきました。本展はこの地で撮影された作品をはじめ、北方地域における写真群を展示します。知床半島や網走などの道東地方、白老・登別を中心とした胆振地方、さらに北方にまで足を延ばしたサハリン島などで撮影された写真が展示されます。

白老・登別のパートは、アヨロラボラトリー(国松希根太、立石信一)と共同で行います。自然環境ばかりでなく遺跡や観光地などで重ねてきたフィールドワークの成果を、写真や彫刻、テキストの共作によって提示します。

十代の頃から地球を歩き続けてきた石川直樹による、北へ/北からの眼差し。その軌跡をぜひご覧ください。

(C)MIMAS
Shiraoi
© 石川直樹

(C)MIMAS
Shiretoko
© 石川直樹

ARTIST

石川 直樹 ISHIKAWA NAOKI
1977年東京都生まれ。写真家。東京藝術大学大学院美術研究科博士後期課程修了。2000年、「Pole to Poleプロジェクト」に参加して北極から南極を人力踏破。2001年、7大陸最高峰登頂を達成。人類学や民俗学などの領域に関心を持ち、辺境から都市まであらゆる場所を旅しながら、作品を発表し続けている。写真集『CORONA』(青土社)により第30回土門拳賞を受賞。著書に、開高健ノンフィクション賞を受賞した『最後の冒険家』(集英社)ほか多数。
http://www.straightree.com

(C)MIMAS

トークイベント
石川直樹×アヨロラボラトリー

日時:2017年8月18日(金) 18:30開場 19:00開演
登壇者:石川直樹、国松希根太、立石信一
会場:札幌宮の森美術館 特設会場
札幌市中央区宮の森2条11丁目2ー1宮の森ミュージアム・ガーデン内
定員:60名
入場料:500円
申込フォーム:https://reserva.be/mimas/

※SIAFパスポートチケットではご入場いただけません。
※イベントのみの入場となります。展覧会をご覧の場合は別途入場料がかかります。
※当日は駐車場がございませんので、公共交通機関をご利用ください。

アヨロラボラトリー
白老、登別を中心にフィールドワークを行っているアヨロ ラボラトリー。アヨロとは、今はもう地名としては残っていませんが、かつて白老と登別の境界域にあった地域の名称です。立石信一氏(文筆家/アイヌ民族博物館)と国松希根太氏(彫刻家/飛生アートコミュニティー代表)の2名で活動しており、昨年から石川直樹氏も複数回にわたり共同でフィールドワークを行っています。トークでは、3人が歩き、見てきた白老・登別や、展示の見どころなどについて語っていただきます。

(C)MIMAS