(C)MIMAS

野村佐紀子 写真展
「夜間飛行、黒闇、ポラロイドN」

SAKIKO NOMURA Photo Exhibition -Night Flight, Black Darkness, Polaroid N-

会期 : 2009年4月11日(土) ― 2009年6月14日(日)
主催 : 札幌宮の森美術館 他
企画 : NPO法人CAPSS(芸術文化事業支援機構)
企画協力 : Akio Nagasawa Publishing


ABOUT THE EXHIBITION

野村佐紀子は、写真家を志した日から、“カメラを持たずにいた日は2日あったけれど、それは自分にとって人生に必要のない日だった”という。また、“写真に撮ってはいけないものは、それは私の人生に必要のないもの”と言い切るほど、彼女にとって写真と実人生は、全くの重なり合った存在のようだ。
主に、男性を被写体としたヌード写真で知られる彼女だが、なんでもない街角の風景やモノ、そして日常の出来事などカメラの前に広がる世界は、被写体としてすべて等価だという。そしてそれらのモノ、コトたちが、“撮れ”といって迫ってくるらしい。今までに知られてきた男性ヌードの作品群は、野村佐紀子の写真世界の断片でしかなかったのだ。
今回の展覧会は、モノクロ、カラー、ポラロイドと、様々な手法によって写し撮られた日常の風景、出来事で構成された、野村佐紀子の写真世界の総体を見せる初めて展覧会となるだろう。

(C)MIMAS

(C)MIMAS

(C)MIMAS
© SAKIKO NOMURA


ARTIST

野村佐紀子(のむら・さきこ)
1967年山口県下関市生。九州産業大学芸術学部写真学科卒業後、91年より荒木経惟に師事する。93年初の個展「針のない時計」を開催以降、東京を中心にヨーロッパ、アジアでも精力的に個展・グループ展を行い高い評価を得ている。主な写真集に97年『裸の時間』(平凡社)、2000年『愛の時間』(BPM)、02年『黒猫』(t.i.g.)、05年『tsukuyomi』(マッチアンドカンパニー)、06年『近藤良 平』(マッチアンドカンパニー)、08年『夜間飛行』(リトルモア)、08年『黒闇』(Akio Nagasawa Publishing)など。

(C) MIYANOMORI ART MUSEUM, SAPPORO (C) SAKIKO NOMURA

(C)MIMAS (C)MIMAS

野村佐紀子アーティスト・トーク
日時 : 5月15日(金) 19:00~
会場 : 札幌宮の森美術館
参加費 : 無料 別途入場券が必要です。
写真集「夜間飛行」「黒闇」からのスライドショーや、普段は見せる事のない暗室作業などの映像を上映しながらのトーク。