森山大道 写真展 - 北海道<序章> - 夕張展

(C)MIMAS

森山大道写真展
北海道<序章>
夕張市美術館

夕張展に向けて

二日間にわたる夕張市美術館の展示作業を終えたところで、あらためて一点一点展示作品を見て回った。
今回の展示は全部で121点、そのほとんどを全紙サイズで統一、しかもすべて横図である。
美術館側に無理を言ってスペースを追加してもらったため、入り組んだ展示空間になったが、そこに黒縁の同じフレームに収まったモノクロ写真が横一線、等間隔にずらっと並んだ。その光景はなかなかの圧巻である。

展示されたイメージも展示方法もすべて森山氏の選択、指示によるものだが、白い壁に白黒の展示物だけのミニマルな空間では、「すべての風景、すべての瞬間が等価」と語り、写真の「表面性」や「匿名性」を強調する森山氏の写真に対する立ち位置がより強調されるようで興味深い。
ふと一枚の写真が目に留まった。そこに「コンパ 喫茶&スナック」と書かれた看板が写っていたからである。
昨夜、宴席会場の居酒屋へ向かう途中で「コンパ」という看板を見かけた時には「はてな、どこかで」と思っていたのだが、すでに昼間の展示作業中に写真の中で出会っていたのだと合点がいった。

それにしても30年以上の歳月で随分と姿形は変わってしまった。
昨夜見たコンパの看板は、まばゆいばかりの白光で夜道を照らしていたが、写真にある木造板張りのその店はいったい営業中なのかどうかも判然としないし、隣のバーかスナックも軒のテントが破れて落ちかかっている。そういえば私が子供の頃を過ごした東京のはずれの町にもこんな場所があったっけ。
コンパという店の名もさほど珍しくはないし、確かそこにも一軒あったような。
道の感じもなんとなく埃っぽくて、そういえば最近…と目の前にある古い写真と今の現実、そこからかけ離れているはずの自分の記憶が、いつの間にかシャッフルされてひとつの光景が浮かび上がって来た。

写真は記録であり記憶である。
森山氏の言葉を借りるまでもなく一枚の写真には撮影者の記憶が確実に刻まれているはずだが、どう足掻いても私たちにはそれを見ることは出来ない。
私たちに出来るのはただ写真の表面を、印画紙に記録された一瞬のイメージを目で必死になぞることだけなのだ。
「写真家森山大道撮影」というアウラはひとまず脇に置いて、一点の写真と静かに向き合ってみる。
そこに記録された風景はあなたの記憶の中の町ではなかったか。

札幌宮の森美術館
ディレクター 村田 隆


(C)MIMAS(C)MIMAS(C)MIMAS(C)MIMAS(C)MIMAS

夕張市美術館、学芸員 源籐さん、学芸員 工藤さん、夕張展展示の様子


EVENT

(C)MIMAS(C)MIMAS

【終了】 森山大道アーティスト・トーク 夕張
日時 : 8月22日(土)13:30~
会場 : 夕張市美術館
料金 : 500円
定員 : 100名


SHOP

(C)MIMAS

夕張に森山大道 期間限定オフィシャルショップ「ミツノ」がオープンします。
ミツノさんはいつもはCDショツプですが、今回は特別ご協力いただいてお店のスペースに 森山大道グッズ商品が、いろいろ並びます。夕張美術館から歩いて2分、美空ひばりのカンバンが目印。
美術館にミツノさん手書きの、MAPをご用意しています。
美術館で展覧会を観た後に、ゆったり、のんびり美術館近辺を歩きませんか?

株式会社ミツノ 夕張店
〒068-0403 夕張市本町3丁目1-5
TEL : 01235-2-3010
営業時間 : 10:00~19:00
定休日 : 日曜不定休
夕張市キネマ街道沿い。
ホテルシューパロ 石炭の歴史村が近くにあります。


ACCESS

夕張市美術館 YUBARI ART MUSEUM
会期 : 2009年7月11日(土) ― 2009年8月23日(日)
OPEN : 9:30 - 17:00(最終受付:16:30)
休館日 : 毎週月曜日定休日
観覧料 : 大人700円 高校生500円 小中学生300円 シニア(65歳以上)600円 団体料金は15名様より
所在地 : 北海道夕張市旭町4-3
http://www.yubari-resort.com/green/visit/art-museum.php

PDF

夕張市美術館 YUBARI ART MUSEUM