森山大道写真展 北海道-第2章/展開 - 東川町文化ギャラリー

(C)MIMAS

森山大道写真展
北海道-第2章/展開
東川町文化ギャラリー

商業デザイナーを経て、写真家・岩宮武二や細江英公のアシスタントを務めていた森山大道が、フリーの写真家としてデビューしたのは1963年のことでした。カメラ雑誌などを中心に発表された粒子の粗いハイコントラストの表現は"アレ、ブレ、ボケ"と形容され、当時の日本の写真界に大きな衝撃をもたらします。

最初期の代表作「にっぽん劇場写真帖」(68年)や、写真とは何かをラディカルなまでに追求した問題作「写真よさようなら」(72年)は、今も日本写真史に残る傑作写真集のひとつに数えられています。その森山が「写真よ...」以降に味わった「写真との肉離れ」状態から、なんとか脱け出したいと自ら計画した78年初夏の札幌滞在。そこには田本研造ら北方写真師たちによって残された道内開拓初期の膨大な記録、写真群への思いがありました。

あたかも鋭いカミソリの刃でていねいに切り剥がしてきたかのような一枚一枚の写真は、事物が出来事が風景が、むろん人間も、その時その場所に確かにあった時間と光の一瞬を止めて、その一切が白と黒とのグラデーションに石化されてしまったかのようだった。そしてそれらの写真は無名性(アノニマス)に根ざしているがゆえに、かえって対象を見据える撮影者の個の視線がストレートに直感されてくるところがあった。旧い一連のその写真群は、写真集などを通して見たぼくに、懐かしいというよりも、むしろ新しいイメージとなって語りかけてくるものがあり、以来ぼくの内部(なか)に長く住みつくようになってしまった。
「犬の記憶終章」より

30年以上の時を経てついに公開された森山大道の北海道。大部の写真集に加え、道内各地を会場ごとに異なる構成で巡る本展は大きな話題となりました。序章に続くこの第2章では、デジタル・カメラによる最新のカラー作品もまじえ、「北海道」そして「Daido World」の魅力の核心に迫ります。

(C)MIMAS (C)MIMAS

(C)MIMAS

(C)MIMAS

(C)MIMAS
© Daido Moriyama


(C)MIMAS(C)MIMAS(C)MIMAS(C)MIMAS(C)MIMAS(C)MIMAS(C)MIMAS
東川町文化ギャラリー展示の様子、スタッフ


EVENT

(C)MIMAS(C)MIMAS

森山大道アーティスト・トーク
日時 : 2010年3月14日(日)13:30-
会場 : 東川町文化ギャラリー展示室

(C)MIMAS

森山大道先生特別講義
講師 : 森山大道先生(写真家)
赤坂英人先生(ジャーナリスト、美術評論家)
日時 : 2010年3月12日(金)18:00-20:00
場所 : 札幌宮の森美術館 第2展示室

(C)MIMAS

森山大道 映像上映会
<上映作品>
「光と影」(2009年、60分)
「北海道」(2009年、60分)
「北海道・東川特別バージョン」


ACCESS

東川町文化ギャラリー
展示期間 : 2010年2月19日(金) ― 3月29日(月)
開館時間 : 10:00-17:30(最終日のみ15:00まで)
休館日 : 期間中無休
入館料 : 町外200円・町内100円(中学生以下無料)
主催 : 東川町・東川町写真の町実行委員会・札幌宮の森美術館
協賛 : 札幌パルコ エプソン販売株式会社
協力 : 一般財団法人森山大道写真財団 株式会社六書堂
東川町文化ギャラリー : 北海道上川郡東川町東町1丁目19-8
TEL : 0166-82-4700
FAX : 0166-82-4704
東川町文化ギャラリー 公式サイト

PDF

(C)MIMAS